2019年8月24日(土)9時30分から17時15分にかけて、東京大学農学部7号館A棟にて、2019年度サマースクールを開催しました。実施目的は、「食品企業における最先端の製品・技術開発や経営戦略について社会科学的な観点から学ぶ」です。

今回は、高橋義宣氏(マルハニチロ株式会社 中央研究所 リサーチ二課 課長役)と杉田博司氏(味の素株式会社 食品事業本部 家庭用事業部 メニュー調味料グループ長)をお迎えし、以下のプログラムで進行しました。

9:30       受付開始

9:45~10:00     開会・ガイダンス

10:00~13:00   ワークショップⅠ:高橋義宣氏(マルハニチロ株式会社 中央研究所リサーチ 二課課長役)

「機能性食品の開発とその展開 ~機能性食品を通じた健康長寿への貢献~」

13:00~14:00   昼休み

14:00~17:00   ワークショップⅡ:杉田博司氏(味の素株式会社 食品事業本部家庭用事業部 メニュー調味料グループ長)

「「Cook Do®」ブランドストーリーと「まち中華」~好きな食べ物は、カレー、ハンバーグ、ホイコーロー~」

17:00~17:15   受講修了証授与・記念写真撮影

17:30~18:30   交流会

ワークショップⅠ・Ⅱでは、ファシリテーターの進行で、2つのグループに分かれ、1つのテーマにつき講義・グループワーク・発表及びディスカッションを行いました。ファシリテーターは、中嶋晋作氏(明治大学農学部専任講師)が担当しました。

今回は、お二人の講師をはじめ、11名の学部生(すべて3年生)、9名の参観者(教員・事務局)が参加しました。参加者の内訳は、以下のとおりです。大阪成蹊大学マネジメント学部マネジメント学科(1名)、高崎経済大学地域政策学部地域政策学科(2名)、東京大学農学部農業・資源経済学専修(2名)、東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科(1名)、中村学園大学栄養科学部フードマネジメント学科(1名)、日本女子大学家政学部家政経済学科(1名)、日本大学生物資源科学部国際地域開発学科(1名)、日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科(1名)、明治大学農学部食料環境政策学科(1名)。

二つのワークショップ終了後、受講修了証を授与するとともに、講師の先生方を囲んで交流会を行いました 。

①木島実委員長挨拶(開会)

②ファシリテーターの中嶋晋作氏(ガイダンス)

③参加学生の自己紹介(ガイダンス)

④高橋義宣氏(ワークショップⅠ)

⑤機能性食品を必要とする消費者に、適切に入手し活用してもらうためには、どのような商品をどのように提供したらよいか、その仕組みについて考えよう(ワークショップⅠ)

⑥グループワークの成果発表(ワークショップⅠ)

 

⑦学生を推薦した参観者(教員)も興味津々

⑧杉田博司氏(ワークショップⅡ)

⑨食にかかわる社会課題を想像し、今後「Cook Do」が果たすべき対策(役割)を考えよう(ワークショップⅡ)

⑩グループワークの成果発表(ワークショップⅡ)

⑪中嶋康博会長による講評

⑫受講修了証授与

2019年度サマースクールの閉会

⑭交流会の様子