2021年度サマースクール(SS)の開催報告

2021年9月11日(土)9時30分から15時30分にかけて、2021年度サマースクールを開催しました。2020年度は、新型コロナの影響でサマースクール、ウインタースクールともに開催が見送られましたが、2021年度は初の試みとしてZoomを用いたオンライン方式で開催しました。遠隔での開催であったため、地方からの参加も活発でした。

2~4年次の学部生だけではなく、将来のフードシステム学研究者を志す大学院生の参加も目立ちました。また、推薦者である指導教員(会員)の参観も増えてきました。
参加学生・大学院生(12名)は次のとおりです。
・B2 福島大学食農学類
・B3 千葉大学園芸学部食料資源経済学科
・B3 中央大学商学部商業貿易学科
・B3 大阪成蹊大学経営学部経営学科食ビジネスコース(2名)
・B3 東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科
・B4 明治大学農学部農学科(2名)
・M1 東京海洋大学大学院海洋科学研究科海洋管理政策学専攻
・M1 山形大学大学院農学研究科農学専攻
・M1 明治大学大学院農学研究科農業経済学専攻
・M1 山形大学大学院農学研究科生物生産学専攻

 今回のサマースクールでは、引原翔平氏(株式会社ニチレイフーズ 人事部 人財開発グループ マネジャー)、古川猛司氏(株式会社ニチレイロジグループ本社 人事部 マネジャー)のお二人を講師にお迎えしました。参加した学生・大学院生は、講義で学んだ関係業界の課題、経営戦略等に関する最先端の内容を踏まえ、講師から与えられたテーマをもとにグループワークに取り組みました。

9:30       受付開始

9:45~10:00    開会・ガイダンス

10:00~11:00  講義(ニチレイフーズ)

ニチレイフーズの『提案営業』を知る

引原翔平氏(株式会社ニチレイフーズ 人事部 人財開発グループ マネジャー)

 「ほんの少しの、その差にこだわる。~ニチレイフーズの情熱が作る食の未来~」

11:00~12:00  講義(ニチレイロジグループ)

古川猛司氏(株式会社ニチレイロジグループ本社 人事部 マネジャー)

「日本の、そして世界の「食」を支え続ける、ニチレイロジグループの低温物流が担う役割」

12:00~13:00  昼休み

13:00~14:10  グループワーク

14:10~14:40  グループワーク発表・質疑・フィードバック

14:40~14:50  全体フィードバック

14:50~15:00  閉会(リモートのため受講修了証は後日郵送)

 

写真①左:廣政幸生委員長挨拶(開会)
写真②右:引原翔平氏(株式会社ニチレイフーズ)による講義

写真③左:古川猛司氏(株式会社ニチレイロジグループ本社)による講義
写真④右:グループワークは3チームに分かれて行いました(委員はファシリテータ)

写真⑤左:とめどなく湧き出るアイデアを書き留めていきます
写真⑥右:グループワークの成果発表では講師からコメントをいただきました

写真⑦左:全体フィードバックを終えて。引原様、古川様、誠にありがとうございました!
写真⑧右:閉会(次回のウインタースクールでもお目にかかりましょう!)