2015年大会の総会でご案内いたしましたが、本年度よりオンライン投稿審査システムを導入する運びとなりました。オンラインシステムの導入により、査読のプロセスをいつでもご確認いただけると同時に、査読のスピードアップが期待されています。

一方で、システム使用料が発生するため、報告論文の投稿料を値上げさせていただきました。依頼論文、大会シンポジウム、セッション報告を除く投稿論文につきましては、学会予算が苦しい中ではございますが、投稿のディスインセンティヴとならないよう投稿料を据え置くことをお認め頂いております。

導入初年度におきましては、想定していないトラブルが発生することもございます。お使いになって気になる点などがございましたら、編集委員会までお知らせ頂ければと存じます。

また、オンライン投稿審査システムの導入と同時に学会誌賞を創設いたしました。これは、大会開催前年度の1号から4号までに掲載された「投稿論文」を対象に、特に優れた研究であると認められる論文に対して授賞されるものです。

これまで以上に迅速な査読を心がけて行く所存でございますので、活発な投稿を期待しております。

フードシテム研究編集委員会
委員長 齋藤勝宏

※オンライン投稿審査システムの利用方法等については、
以下のリンク先をご参照ください。
https://www.fsraj.org/kaishi/online_toukou

※2015年6月1日午前11時30分頃にID、パスワードを記載した登録案内のメールを配信しています。メールを受信されていない方は、上のリンク先に掲載しているマニュアルに従い、ご自身でご登録くださいませ。

※本件お問い合わせ先 enquiry_jfsr@ml.affrc.go.jp

お知らせ | 2015/06/01