日本フードシステム学会 会員各位

教育支援プログラム委員会委員長 廣政 幸生

2021年度サマースクールのご案内

盛夏の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。下記の通り、2021年度サマースクールをZoomにて開催致します。是非、受講生のご推薦をお願い申し上げます。なお、受講者には、受講修了証を授与します。

詳細は、こちらのページからご確認ください。

    記

〇日時:2021年9月11日(土)9時30分~15時30分

〇開催方法:Zoomミーティング

申込いただいた方にZoomリンク等必要情報を後日送付致します。

〇実施目的:食品企業における最先端の製品・技術開発や経営戦略について、社会科学を中心にした観点から学ぶ

〇スケジュール(予定):

9:30       受付開始

9:45~10:00       開会・ガイダンス

10:00~11:00       講義(ニチレイフーズ)

11:00~12:00       講義(ニチレイロジグループ)

12:00~13:00       昼休み

13:00~14:10       グループワーク

14:10~14:40       グループワーク発表・質疑・フィードバック

14:40~14:50       全体フィードバック

14:50~15:00       閉会

〇講師・テーマ等:

ニチレイフーズの『提案営業』を知る

  • 引原翔平氏(株式会社ニチレイフーズ 人事部 人財開発グループ マネジャー)

「ほんの少しの、その差にこだわる。~ニチレイフーズの情熱が作る食の未来~」

  • 古川猛司氏(株式会社ニチレイロジグループ本社 人事部 マネジャー)

「日本の、そして世界の「食」を支え続ける、ニチレイロジグループの低温物流が担う役割」

〇募集定員:10名程度(応募者多数の場合は、委員会で選考させていただきます)

〇参加資格:学部2年生から博士後期課程1年生までの意欲ある学生。

フードシステム論またはそれに類する科目の既修者が望ましい。

参加希望者は指導教員からの推薦が必要です(会員1名あたり1名の学生を推薦することができます。なお、一つの大学に複数名の会員がいる場合は、複数名の学生を推薦することが可能です)。推薦した会員は、当日のZoomでの参観(グループワークを除く)が可能です。

〇参加条件:ガイダンスから閉会までのすべてのワークショップに参加しなければなりません。参加者は、規律ある行動が求められ、開会後、入室はできません。

〇授業形式:講師と受講生とが参加するワークショップ形式

〇申込方法:参加希望者(学生)が別紙の「2021年度サマースクール参加申込書(Word)」に必要事項を記入してください。その上で、指導教員がこの申込書を824日(火)までに、教育支援プログラム委員会・佐藤(sato.shohei@nihon-u.ac.jp)宛、Eメールでお送りください。メールのタイトルは「日本フードシステム学会サマースクール参加申込」としてください。学生による直接の申し込みはできません。

〇選考結果:選考結果は8月31日(火)までに推薦者へメールで連絡します。

以上

お知らせ | 2021/08/09