ニューズレター第73号

ニューズレター第73号(PDF)

主な内容 

巻頭言

食料安全保障の「量の概念」と「質の概念」~ウクライナ紛争を契機として~
(東京大学非常勤講師、(株)全農ビジネスサポート代表取締役社長 久保田治己)

寄稿

種子を公共資産とする潮流
(国際ジャーナリスト 堤未果)

食料安全保障と経済合理性
(東京大学大学院 農学生命科学研究科 鈴木宣弘)

再定義迫られる食料安全保障 「システム」の発想が不可欠
(株式会社共同通信社取締役 アグリラボ所長 石井勇人)

「食品添加物の国際調和」は誰のためか
(特定非営利活動法人食品安全グローバルネットワーク 中村幹雄)

わが国の輸入農産物にかかる残留農薬基準の問題点
― ポストハーベスト農薬の食品添加物への指定と残留農薬基準の改定
(一般社団法人農協流通研究所 前理事長 立石幸一)

JA 全農(全国農業協同組合連合会)による飼料穀物の量的質的安全保障の取り組み
(全農グレイン株式会社 上級執行副社長兼CSO(最高戦略責任者) 川﨑浩之)

事務局通信
編集後記

ニューズレター第73号(PDF)

 

FSニューズ・レター 第73号 2022年5月10日発行
発行 日本フードシステム学会事務局
〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科内
TEL/FAX 0466-84-3412
E mail office@fsraj.org

FSニューズレター,お知らせ | 2022/05/11