日本フードシステム学会創立20周年記念大会 開催案内

2014年6月14~15日  東京大学農学部(弥生キャンパス)

日本フードシステム学会創立20周年記念大会(2014年度)を下記の要領にて開催致します。
会員外の方々もお誘いの上、多数の皆さんのご参集をお待ちしております。

◎創立20周年記念大会に関する最新情報は、本ホームページに掲載いたします。
個別報告プログラムと報告要旨 を掲載しました。(2014/05/21)


【1】日 程 ・会 場
6月14日(土) 東京大学農学部(弥生キャンパス) 農学部1号館・弥生講堂アネックス
記念講演・シンポジウム 09:30~17:15
理事会                     12:00~13:00
総会                        13:00~14:00
新理事会                  17:20~17:50
懇親会                     17:30~19:00
6月15日(日) 東京大学農学部(弥生キャンパス) 農学部1号館・2号館
ミニシンポジウム         09:00~12:30
個別報告                  13:30~17:00

東京大学周辺の地図及び主な交通機関ご案内はこちら
東京大学農学部(弥生キャンパス)の概要はこちら

【2】費 用
1. 大会参加費   会 員                      3,000円
学生会員                   2,000円
非会員・一般               4,000円
非会員・院生・学部学生  2,500円
2. 懇親会費                                    5,000円
3. 報告論文審査料*                          5,000円
(*個別報告の報告論文投稿を希望する者)

【3】参加申し込みについて
 大会に参加される方は、下記リンクの参加申し込みフォームで、申し込み手続きを行ってください。(大会は終了しました。)

【4】記念講演・シンポジウム(会場:農学部1号館2階8番講義室)

開催機関挨拶 中嶋康博(東京大学)
学会長挨拶   斎藤 修(千葉大学)

創立20周年記念講演
「学会の設立と活動を回顧して」     髙橋正郎(初代会長・名誉会員)
「企業のインテグレーションとプラットフォーム」 松尾雅彦(カルビー株式会社相談役)
「6次産業化とバリューチェーン」     櫻庭英悦(農林水産省大臣官房審議官)
「生協における産直システムと農商工連携」  山本伸司(パルシステム理事長)

シンポジウム
テーマ:『フードシステムのイノベーション
(1)食と農と地域を繋ぐ
座長:斎藤 修(千葉大学)
岸 康彦(日本農業経営大学校)、佐伯昌彦(株式会社マルタ)
(2)食と健康と生活を繋ぐ
座長:中嶋康博(東京大学)
村山伸子(新潟県立大学)、薬師寺哲郎(農林水産政策研究所)

共通討論者:松尾雅彦(カルビー(株))、櫻庭英悦(農林水産省)、山本伸司(パルシステム)

【5】ミニシンポジウム(会場:農学部1号館2階8番講義室)

テーマ:『食品関連企業の農業参入の現状と展望』
座長:髙橋正郎(名誉会員)・盛田清秀(東北大学)
座長解題「論点開示とシンポジウムの検討課題」
第1報告「食品関連企業による農業参入の到達点と展望」
報告者:盛田清秀(東北大学)
第2報告「地域に根差した食品製造業の農業参入
‐スギヨのCSRとスギヨファームの農業展開‐」
報告者:川上和孝(株式会社スギヨ)・井坂友美(東北大学)
第3報告「全国展開を図る小売業の農業参入
‐ローソンの経営戦略とローソンファームの展開‐」
報告者:緩鹿泰子・清水みゆき(日本大学)
第4報告「食品関連企業の経営戦略と農業参入‐現状と課題‐」
報告者:斎藤文信(秋田県農業試験場)

【6】個別報告・報告論文の受付
(1) 個別報告の希望者は、本ホームページでの参加申し込み後、報告要旨を所定の様式(下記ダウンロード)にて、5月8日(木)正午(必着)までに、下記の投稿先アドレスに提出してください。
なお、提出後の報告要旨の差し替えはできません。また、報告要旨は学会ホームページに掲載されます。
※報告要旨投稿の受付は終了しました。(2014/5/8)

(2) 報告時間は質疑を含めて20分(報告15分、質疑5分)です。PCを使用する場合には、報告用ファイル(5MB以内)をUSBに保存し、6月14日(土)の9:00~14:00に大会受付まで提出してください。14時以降は、ファイルを受け付けません。ファイルの形式はPDFしか受け付けません。なお、6月14日(土)に会場へ来られない方は、6月6日(金)正午(厳守)までに、大会実行委員会(fs14houkokusiryo@gmail.com)へファイルをお送りください。また、それ以降のメールでの提出、提出後の差し換えはできません。発表形式において、動画の使用等、特段の不都合のある方は、大会実行委員会までお問い合わせください。

(3) 個別報告の報告論文投稿を希望する方は、大会受付時に事前に審査料(5,000円)をお支払いください。審査料が支払われていない場合は投稿を受け付けません。

(4) 報告要旨の体裁、報告論文の投稿・審査の詳細は、報告論文投稿のページ をご参照下さい。所定の体裁に従っていない場合は、報告を受け付けませんので、ご注意ください。

※なお、期日までに申し込みや提出がない場合、および学会費等が未納の場合には、個別報告、報告論文投稿はできませんので、ご注意ください。
ファイルがウィルス感染している場合には、いかなる理由でもその時点で手続きを中止させていただきます。

【7】大会に関する問い合わせ先
大会実行委員会
〒113-8657 文京区弥生1-1-1
東京大学大学院農学生命科学研究科食料・資源経済学研究室FS大会実行委員会
TEL:03-5841-5325 / FAX:03-5841-5325
E-mail:fs14houkokusiryo@gmail.com

日本フードシステム学会事務局
日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科内
TEL0466-84-3409・3421 / FAX 0466-84-3429
E-mail: office_fsraj@ml.affrc.go.jp

◎宿泊の予約を含む問い合わせなどについては、各自でお願いします。