2017年度 日本フードシステム学会大会 開催案内(改訂版)

2017年6月10~11日 中村学園大学(福岡市)

2017年度 日本フードシステム学会大会 を下記の要領にて開催致します。
会員外の方々もお誘いの上、多数の皆様のご参集をお待ちしております。

◎2017年度大会に関する最新情報は、本ホームページに掲載いたします。
◎個別報告要旨提出期限:5月8日(月)正午
個別報告プログラム(PDF) を掲載しました。(2017/5/25)

2017年度大会 開催案内 ]

【1】日 程

6月10日(土) 開会 10:00~10:10
会長講演 10:10~11:00
特別講演 11:00~12:00
シンポジウム 13:00~16:00
総会 16:10~17:10
懇親会 17:30~19:30
6月11日(日) 個別報告 9:00~12:30
公開地域シンポジウム 13:30~16:30

*シンポジウムは、日本栄養改善学会九州・沖縄支部と共催、公開地域シンポジウムは、中村学園大学と共催・福岡食育健康都市づくり地域協議会の後援の下、実施致します。

*理事会は、6月9日(金)18:00~20:00に中村学園大学 2号館4F 2402演習室で開催いたします。大会前日での開催となり、例年と異なりますので、ご注意ください。

【2】会 場

中村学園大学 2号館(福岡県福岡市城南区別府5-7-1)
*福岡市営地下鉄七隈線 別府駅1番出口から徒歩約3分
西鉄バス 中村大学前から徒歩すぐ
中村学園大学までの交通案内キャンパスマップ

【3】費 用

  1. 大会参加費(含む資料代) 会員 3,000円 学生会員 2,000円
    非会員・一般 4,000円 非会員・学生 2,500円
    ※共催の日本栄養改善学会の会員は「会員」扱いとします。
  2. 懇親会費 一般 5,000円 学生 3,000円
  3. 報告論文審査料 7,000円(個別報告の報告論文投稿希望者)
    ※審査料(7,000円)を下記口座に振り込み、利用明細等の証明書をオンライン投稿時にアップロードして下さい。

    • 納入先:日本フードシステム学会
      郵便振替(振替番号:00180-5-593122)
      または銀行振込(三菱東京UFJ銀行目黒駅前支店・普通1324319)

【4】参加申し込みについて

大会参加者は下記リンクの参加申し込みフォームで、5月31日(水)までに申し込みをお願いします。ただし、個別報告の希望者は、報告要旨とあわせて5月8日(月)正午(必着)までに申し込みを行って下さい。

[参加申し込みフォームはこちら]

【5】開会・講演・シンポジウム(会場:中村学園大学 2号館4F 2405大講義室)

大会実行委員長挨拶 福田 晋(九州大学)
会長講演 「フードシステム学の課題と教育」
中嶋康博(東京大学)
 特別講演 「農産物輸出に携わる企業としての意義と現状」
波多江淳治(九州農産物通商株式会社)
 シンポジウム テーマ:フードシステムと健康・栄養
-健康寿命の延伸に向けた課題とその解決を考える-
座 長:武見ゆかり(女子栄養大学)・茂野隆一(筑波大学)

  1. 食と栄養:国際的「持続可能な開発目標(SDGs)」と日本の課題
    報告:水元 芳(中村学園大学)
  2. 日本人の栄養素摂取バランスに関する時系列分析
    報告:中谷朋昭・木村勇輝・橋本大佑(北海道大学)
  3. 若い世代の健康・栄養とフードシステム
    -厚生労働省平成27年度乳幼児栄養調査結果をふまえ-
    報告:日名子まき(農林水産省(厚生労働省))
  4. 子どもと母親の食行動・食意識と貧困
    報告:石田 章・久保紀美・牧野このみ・谷口桃子(神戸大学)

【6】公開地域シンポジウム(会場:中村学園大学 2号館4F 2405大講義室)

テーマ:食による健康と産業と地域-望ましい産官学連携のあり方を求めて-
座 長:薬師寺哲郎(中村学園大学)

  1. 食と健康-医学的視点から-
    報告:中野修治(中村学園大学)
  2. 食材開発と地域振興
    報告:太田英明(中村学園大学)
  3. 国産食材を用いた商品製造販売
    報告:石坂淳子(株式会社ひよ子)
  4. 食と健康を通した地域振興
    報告:髙木典雄(福岡県うきは市長)

【7】個別報告・報告論文の受付

  1. 報告の希望者は、学会ホームページで参加申し込み後、報告要旨(2ページ)を所定の様式(下記リンク)にて、5月8日(月)正午(必着)までに、下記のアドレスに提出して下さい。
    なお、締め切り日以降、報告要旨の差し替えはできません。また、個別報告プログラムは6月上旬までに学会ホームページに掲載されます。

  2. 報告時間は質疑を含めて20分(報告15分、質疑5分)です。また、PCを使用する場合には報告用ファイル(5MB以内)を大会実行委員会に6月2日(金)までにお送り下さい。ファイルの形式はPDFのみ受け付けます。また、期日以降は、ファイルは受け付けません。差しかえもできません。
    • 投稿先アドレス:fs2017kobetsu@gmail.com(庶務:髙橋昂也宛)
      (※報告要旨の投稿先とは異なります)
  3. 個別報告の報告論文投稿を希望する方は、審査料(7,000円)を下記口座に振り込み、利用明細等の証明書をオンライン投稿時にアップロードして下さい。
  4. 報告要旨の体裁、報告論文の投稿・審査の詳細は、報告論文投稿のページ をご覧下さい。

※期日までに参加申し込みや要旨提出がされない場合、および学会費等が未納の場合には、個別報告、報告論文投稿はできません。ファイルがウィルス感染している場合には、いかなる理由でもその時点で手続きを中止いたします。

【8】大会に関する問い合わせ先

大会実行委員会事務局(事務局長:前田幸嗣、庶務:髙橋昂也)
九州大学大学院農学研究院農業資源経済学部門内
〒812-8581 福岡県福岡市東区箱崎6-10-1
TEL 092-642-2967 / FAX 092-642-2967
E-mail: fs2017jimukyoku@gmail.com
日本フードシステム学会事務局(事務局長:川手督也)
日本大学生物資源科学部食品ビジネス学科内
〒252-0880 神奈川県藤沢市亀井野1866
TEL 0466-84-3402 / FAX 0466-84-3429
E-mail: office_fsraj@ml.affrc.go.jp

◎会場内でのコピー・印刷はできません。
◎宿泊につきましては、各自でご対応ください。

2017年度大会 開催案内 ]